北陸選手権

 822日(土)~23日(日)に石川県西部緑地公園陸上競技場において、第59回北陸陸上競技選手権大会が開催されました。本大会は各県選手権にて8位入賞者、並びに標準記録突破者が参加することができます。本学からも多くの選手が出場しました。

 

 本大会リレー種目では男子400mリレー(山川宗一郎→長谷川雅人→横川康佑→倉部勇哉:写真1)・1600mリレー(古川慶次→横川康佑→栃倉郁実→長谷川雅人:写真2)ともに優勝を果たしました。特に400mリレーでは大会新記録をマークすると同時に10月に日産スタジアムで行われる日本選手権リレーの出場権をえました。

 

 短距離種目では、男子200mで倉部勇哉が2108で優勝し、山川宗一郎が3位に入賞しました。男子200mの倉部勇哉は200の優勝と400mRの優勝で優秀選手賞も獲得しました(写真3)。

 

 また、女子では400mで椎谷佳奈子が1年生ながら5619で優勝し、800mでは田中友海が3位、100mHでは星野智美が1429の自己ベストで3位に入賞しました。

 

 フィールド種目では男子走高跳では長谷川直人が2102位、笠原裕希が205でどちらも1年生ながら2mを越える好記録でした。また、女子も1年生の平山紗衣が2位となり1年生の活躍が目立ちました。

 男子砲丸投げでは平尾大也が2位、女子では富山絵菜が3位に入賞しました。

 男子円盤投げでは高倉聖也が3位、十種競技では栗原健太が6352点の自己ベストで3位、女子三段跳では古見由莉香が3位に入賞しました。

 

 北陸選手権が終了し、いよいよ全日本インカレまで残り約3週間となりました。今一度部員全員が全国で戦うという強い気持ちを持ち、大会に挑んで参ります。今後とも温かいご声援よろしくお願い致します。


(写真1)

男子400mリレー

(右下→倉部勇哉、左下→山川宗一郎

 右上→長谷川雅人、左上→横川康佑)

(写真2)

男子1600mリレー

(右下→古川慶次、左下→長谷川雅人

 右上→栃倉郁実、左上→横川康佑)

(写真3)

最優秀選手賞獲得した

倉部勇哉選手