第42回下越陸上競技選手権大会

416(土)~17日(日)に、胎内市総合グラウンド陸上競技場にて第42回下越陸上競技選手権大会が開催されました。この2日間はとても暖かく、気温的にはよいコンディションでしたが、2日目は途中、暴風雨により試合が一時中断され、安全を考慮し1425分以降中止になりました。

 

 短距離種目では、男女100m400mともにアベック優勝を果たしました。また、女子100mで前山美優(健康スポーツ学科3年)、男子400mで古川慶次(健康スポーツ学科2年)が大会新記録を樹立しました。その他にも、多くの選手が自己ベストを更新しました。

 

 長距離種目では、男子5000mで本間寿也(健康スポーツ学科3年)が2位に入賞しました。また、女子1500mでは大川原麻美子(健康スポーツ学科4年)が優勝しました。

 

 跳躍種目では、男女走高跳・走幅跳でアベック優勝を果たしました。男子走高跳は長谷川直人(健康スポーツ学科2年)、女子は平山紗衣(健康スポーツ学科2年)が優勝しました。また、男子走幅跳は木村傑(健康スポーツ学科3年)、女子は青木亜里沙(健康スポーツ学科4年)が優勝しました。

 

 投擲種目では、女子ハンマー投で松井理沙(健康スポーツ学科4年)が大会新記録で優勝しました。また、男女砲丸投でアベック優勝を果たしました。男子は平尾大也(健康スポーツ学科3年)、女子は富山絵菜(健康スポーツ学科3年)が優勝しました。また、男子円盤投で高倉星也(健康スポーツ学科2年)、女子やり投で井口華穂(健康スポーツ学科3年)が優勝しました。

 

今回の大会では、女子100m・男子400m・女子ハンマー投の3種目で大会新記録を樹立しました。

 

 

いよいよ2016年シーズンが始まりました。今年も新潟医療福祉大学陸上競技部へご声援をいただければ幸いです。