第71回国民体育大会 2016希望郷いわて国体

10月7日(金)~11日(火)に岩手県北上市陸上競技場で、第71回国民体育大会が行われました。本学からは倉部勇哉(健康スポーツ学分野2年)、前山美優(健康スポーツ学科3年)、椎谷佳奈子(健康スポーツ学科2年)、高倉星也(健康スポーツ学科2年)が新潟代表、佐藤静香(健康スポーツ学科4年)が長野代表、高山瑞佳(健康スポーツ学科2年)が富山代表として出場しました。

 

1日目は、高倉星也が成年男子円盤投に出場し、47m81の投擲で16位でした。

 

2日目は、前山美優が成年女子100m決勝を11秒73(+0.5)で走り、準優勝しました。また、準決勝では11秒65(+1.7)の自己ベストを出し、新潟県記録を塗り替えました!

成年男子100mには、倉部勇哉が出場し、10秒80(+0.6)で惜しくも予選敗退となりました。

 

3日目には、成年女子400mに佐藤静香と椎谷佳奈子が出場しました。佐藤静香は自己ベストに近い55秒55を出し決勝へ、椎谷佳奈子は55秒81でタイムでは全体8番でしたが、組3着で惜しくも予選敗退となりました。

決勝では佐藤静香が55秒78を記録し、4位に入賞しました。

 

成年少年男子共通の4×100mR予選では、唯一の成年選手である倉部勇哉が新潟代表の4走を走り、組1着で予選を通過しました。

成年少年女子共通4×100mR予選では新潟代表の2走に前山美優が入り、男子に続き組1着で予選を通過しました。

長野代表では佐藤静香が4走を走り、準決勝に進出しました。

 

4日目には、成年女子5000m競歩に高山瑞佳が出場し、自己ベストとなる22分20秒36の記録を出し3位に入賞しました。

成年少年男子共通4×100mRはプラスで決勝進出、成年少年女子共通4×100mRは組2着で決勝に進出し、新潟県初の男女アベック決勝進出となりました。

長野代表リレーチームは組7着で惜しくも準決勝敗退となりました。

 

5日目は新潟代表リレーチームの男子が40秒67で7位、女子が46秒03で5位になりました。

 

いわて国体は入賞者が多く出ました。今後は、10月28日(金)~30日(日)に日本選手権リレー、10月29日(土)に全日本大学女子駅伝があります。今後ともご声援の程よろしくお願い致します。

 

 

【試合結果】

 前山美優(健康スポーツ学科3年)

   成年女子100m 予選 11″80 (+0.9)

           準決勝 11″65 (+1.7) 新潟県新記録

           決勝 11″73 (+0.5) 2位

   成年少年女子共通4×100mR 2走

           予選 46″78

           準決勝 46″35

           決勝 46″03 5位

 

 佐藤静香(健康スポーツ学科4年)

   成年女子400m 予選 55″55

           決勝 55″78 4位

   成年少年女子共通4×100mR 4走

           予選 46″89

           準決勝 47″17

 

 倉部勇哉(健康スポーツ学分野2年)

   成年男子100m 予選 10″80 (+0.6)

   成年少年男子共通4×100mR 4走

           予選 41″26

           準決勝 40″50

           決勝 40″67 7位

 

 椎谷佳奈子(健康スポーツ学科2年)

   成年女子400m 予選 55″81

 

 高山瑞佳(健康スポーツ学科2年)

   成年女子5000mW 決勝 22′20″36 3位

 

 高倉星也(健康スポーツ学科2年)

   成年男子円盤投 決勝 47m81 16位