第47回北信越学生陸上競技選手権大会

 10月15日(土)~16日(日)に福井県営陸上競技場にて、第47回北信越学生陸上競技選手権大会が開催されました。

 

 トラック種目で7種目、フィールド種目で10種目の合計17種目で優勝を果たしました。特に、男子走高跳で長谷川直人(健康スポーツ学科2年)が2m16cm、女子砲丸投で富山絵菜(健康スポーツ学科3年)が13m46cmの大会記録を樹立し、最優秀選手に選ばれました。さらに、100m,200mを専門種目とする横川康佑(健康スポーツ学科2年)は、男子400mで見事優勝し、4×400mRの優勝にも貢献しました。また、男子フィールドでは、8種目中7種目で優勝するという素晴らしい活躍でした。

 

 2016年シーズンも今大会でひとくくりとなります。新体制で挑んだ初めての大会でしたが、来年の春に繋がるよい締めくくりとなりました。来春の北信越学生陸上競技対抗戦での男子総合7連覇、女子総合6連覇を目指し、冬のトレーニングに精進していきます。今年も応援をありがとうございました。来年度も、新潟医療福祉大学陸上部への熱い応援をよろしくお願いします。

 

 10月22日(金)~24日(日)の日本ジュニア陸上競技選手権大会、10月28日(金)~30日(日)の日本選手権リレー、10月30日(日)の全日本女子駅伝と、残り少ない大会が続きます。最後まで応援よろしくお願いします。