第100回日本陸上競技選手権リレー競技大会

10月28日(金)~30日(日)に神奈川県日産スタジアムで、第100回日本陸上競技選手権リレー競技大会が行われました。今年は男子の4×100mR、4×400mR、女子の4×100mR、4×400mRの4種目に出場しました。

 

1日目には、女子4×100mRと男子4×100mRの予選が行われました。

女子4×100mRは新澤梨乃(健康スポーツ学科2年)-前山美優(健康スポーツ学科3年)-椎谷佳奈子(健康スポーツ学科2年)-佐藤静香(健康スポーツ学科4年)のオーダーで予選に挑み、45秒99を記録し全体の5番目で決勝に進みました。

 

男子4×100mRは邊見裕太(健康スポーツ学科2年)-横川康佑(健康スポーツ学科2年)-長谷川雅人(健康スポーツ学科4年)-倉部勇哉(健康スポーツ学分野2年)のオーダーで予選に挑み、40秒42のタイムでしたが、全体の10番目で惜しくも予選敗退となりました。1日目は気温が10.5℃という寒い環境の中のレースでした。

 

2日目は、女子4×100mRの決勝と男女の4×400mR予選が行われました。女子4×100mR決勝は予選と同じメンバーがバトンを繋ぎ、45秒61のタイムで7位に入賞しました。本記録はチームベストを0.21秒更新し、北信越学生記録および新潟県記録を更新しました。

 

女子4×100mR予選では、椎谷佳奈子(健康スポーツ学科2年)-前山美優(健康スポーツ学科3年)-坂井円(健康スポーツ学科2年)-佐藤静香(健康スポーツ学科4年)のオーダーで挑み、2走から終始独走でレースを進め、3分42秒20で組1着、全体6番目で決勝に進みました。

 

男子4×400mRは風間正輝(健康スポーツ学科1年)-横川康佑(健康スポーツ学科2年)-渡辺晃(健康スポーツ学科4年)-古川慶次(健康スポーツ学科2年)のオーダーで予選に挑みました。3分09秒90のタイムでしたが、全体の9番目で惜しくも予選敗退となりました。

 

3日目は女子4×400mRの決勝が行われました。予選と同じオーダーで決勝に出場しました。強豪チームがひしめくなか、2走で2番手につき、最後まで先頭に食らいつき、3分42秒27のタイムで3位に入賞しました。全日本インカレに続き、快走を見せました。

 

日本選手権リレーでの女子4×100mRと4×400mRは初入賞でした。

この大会でシーズンオフとなります。今年度も多くのご声援ありがとうございました。次のシーズンに向けて冬季のトレーニングにチーム一同励んで参りますので、来年度も新潟医療福祉大学陸上競技部への熱い応援をよろしくお願い致します。

 

【試合結果】

女子4×100mR (新澤梨乃-前山美優-椎谷佳奈子-佐藤静香)

  予選 45秒99

  決勝 45秒61 7位 北信越学生新記録・新潟県新記録

 

男子4×100mR (邊見裕太-横川康佑-長谷川雅人-倉部勇哉)

  予選 40秒42 (全体10番目)

 

女子4×400mR (椎谷佳奈子-前山美優-坂井円-佐藤静香)

  予選 3分42秒20

  決勝 3分42秒27 3位

 

男子4×400mR (風間正輝-横川康佑-渡辺晃-古川慶次)

  予選 3分09秒90 (全体9番目)